血液クレンジングについて

血液クレンジング療法、いわゆるオゾン療法は、ドイツで1957年にオゾン発生器が開発されて以来、ヨーロッパでは広く認知されてきた治療法です。
最近では、すでに亡くなられましたが2001年に100歳になられたイギリスのエリザベス女王の母君“クイーンマム”が、老化予防のために定期的に受けられていたことでも話題になりました。
医療用オゾンを用い、血液をオゾン化させることにより、「体内の酸素化」「免疫機能の向上」「細胞の活性化」などの効果があり、ヨーロッパで広く行われている治療法です。ドイツでは施術医師も1万人以上います。

日本で行っている施設は、約170施設(2019年1月現在 弊社が関与した数)です。

 

当社のサービス品質

国家資格(中小企業診断士、行政書士)を持った人員が関与いたしますので、適切なコンサルティングを提供できます。
国の法律に基づいた資格を所持していますので、一定以上のコンサルティング品質は担保されているとお考えいただければと思います。

 

サポートメニュー

論文情報、資料等の提供

以下は、お取引先の医師からのご要望で調査し、お送りした例です。

  • オゾン療法の歴史
  • 高脂血症、高血圧に対するオゾン療法の影響
  • オゾンガスの皮下注射、関節内投与
  • 喘息と肺機能に対するオゾン療法の効果
  • オゾン療法におけるプロスタグランジン(PGE2)、プロスタサイクリン(PGI2)の産生増加について

院内掲示物の提供

  • 掲示用ポスター
  • リーフレット

患者さまへの説明方法(医療情報提供方法)の院内講習会

導入後、ご施設様の希望に応じて、訪問させて頂いています。

看護師のための講習会

「看護師が交替したので、看護師だけの研修を受けたい」「導入してからかなり過ぎているので、再度研修を受けたい」というご要望にお応えするフォローアップの講習会を開催しています。

血液クレンジング講習会

 

これらのサポート(サービス)は、お取引状況によっては、ご提供できない場合があります。詳細は担当者までお問い合わせください。

権利

「血液クレンジング」は、登録商標です。
当社は、医師または医療法人が「血液クレンジング」をご使用いただける権原(使用許諾権)を持っています。
商標「血液クレンジング」をご使用になられたい場合は、弊社に輸入代行業務、医療情報、関連するアドバイスをご依頼いただくことをおすすめいたします。

無権原で商標を使用されますと、侵害行為の差し止め、損害賠償等を請求されることがあります。

商標制度の概要 「5.商標登録の効果」(特許庁ホームページ リンク

第三者が指定商品又は指定役務と類似する商品又は役務に自己の登録商標と同一又は類似の商標を使用することを排除することができます。
(略)
権利を侵害する者に対しては、侵害行為の差し止め、損害賠償等を請求できます

※下線部は当社が追加

 

参考文献

血液クレンジングについて解説された書籍は、以下の2冊です。
どちらも必読です。


アマゾンへリンク:オゾン療法 第2版 ―臨床の立場から―
渡井 健男 (翻訳)

アマゾンへリンク:書籍『血液クレンジング療法』渡井健男(著)

お問い合わせ

血液クレンジングの導入に関するお問い合わせは、下記まで。

お問合せ